Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

私の過去の食事と思ったことを残していきます

MENU

あん肝のロッシーニ風

おうちごはんの写真

・あん肝のロッシーニ

・ポテトとエリンギとブロッコリー炒め

・オニオン大根スープ

・お米

 

あん肝のロッシーニ風です。

先日作ったあん肝をどうにかジェネリックフォアグラにならないかと思いやってみました。

あん肝って海のフォアグラって言いますもんね。

牛肉は安い成型肉です笑

冷蔵庫に肉ヒレがあったらあん肝と併せずにフォアグラ買ってます笑

もはや全てジェネリックです笑

 

作り方も特に調べず独自でやりました。

肉をサッと焼いてお皿に盛り、

同じフライパンであん肝をサッと焼いてお肉に重ね、

同じフライパンにバルサミコ酢を入れて酸味を飛ばし、醤油と砂糖を混ぜたソースを作ってかけて出来上がりです。

割合は味見ながらで適当です。

実際にはソースの前に同じフライパンでじゃがいもとエリンギとブロッコリー炒めを作ってからやってます。

 

気になるお味ですが、美味しいは美味しいです。

でもフォアグラではないです。

私が作ったあん肝のせいかもしれませんし、1日経過したあん肝だったからかもしれませんが、海っぽい風味がします。

あん肝自体もあまり滑らかではなく少しボソっとしてます。

なので、あん肝の使い道に困ったら有りですが、別のアレンジをした方が良いです。

 

ちなみに醤油ベースのソースはとても良かったです。肉にもあん肝にも合い、和洋が仲良くしてくれています。

 

ポテトとエリンギとブロッコリー炒めは、あん肝のあとのフライパンで炒めています。

牛肉の油をポテトとエリンギで吸わせています。

ポテトは雑に切ってレンチンしてから使ってます。

ブロッコリーも冷凍ものなのでレンチンしてかはです。ぼろぼろになったら困るので最後に入れてサッと混ぜただけです。

味付けはハーブソルトだけですが美味しいです。

これもエリンギのおかげで和洋のマリアージュが生まれていますね。

 

オニオン大根スープはオリジナルです。調べたら存在するのかも知れませんが。

以前ボンゴレを投稿したときに言った先日とはこの日のことです。

celery.hatenablog.com

大根の葉が余ってたので無理矢理入れました。

結果、美味しいです。

オニオンスープとしての味付けは自体はいつも通りなのですが、大根が入ることで和とのハーモニーを感じられます。

まさに今回のレシピにぴったりです。

個人的にはこれが大発見で、今後もやろうかなと思いました。

 

美味しかったです。

 


スポンサーリンク

プライバシーポリシー