Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

私の過去の食事と思ったことを残していきます

MENU

ピリ辛豆乳鍋の日

おうちごはんの写真

ピリ辛豆乳鍋

・お米

・サラダ

 

うちでは豆乳をパックで飲んでいるのですが、たまに進まなくなるので処理も兼ねて料理でも使います。

 

豚バラやら冷蔵庫に余ってる野菜やらを入れてコチュジャンなどで味付けしていたら、純豆腐もどきみたいなものになりました。

 

純豆腐みたいな味です。

つまり、美味しいということです。

 

丼ものや炒め物などで色んな食材をまとめて使う作戦は鍋でも使えますね。

 

鍋で思い出したのが鍋奉行の存在です。

私は遭遇したことがありません。

 

焼肉奉行や、BBQでひたすら何かを焼いてくれている人なら割といると思います。

でも鍋奉行って珍しくありませんか。

気のせいですかね。

 

私のように腕白に貪りたい生き物にとって、〜奉行のような存在は非常に助かります。

 

でも奉行業に集中するあまり食べることにリソースを割けない場面も往々にしてあると思うので、そこは心配です笑

そういう人って自分の分は遠慮してあまり取らない気がします。

きっと本当は食べたいはずです。

もしかして実は食べたくないのですかね、優しさではなくコントロールしたいだけなのですかね。

 

半分優しさで出来ているのはバファリンだけなのでしょうか。

 

もしそういう人の前で勝手に唐揚げにレモンを絞ったら機嫌が悪くなるのでしょうか。

 

というか唐揚げにレモンを絞っただけで怒る人がいるという都市伝説は本当なのでしょうか。

内心思ってるだけですよね。

そもそも勝手にかける人も見たことないです。

 

 

話のコントロールが効かなくなってきたのでこの辺で終えます。

 

 

美味しかったです。

 


スポンサーリンク

プライバシーポリシー