Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

私の過去の食事と思ったことを残していきます

MENU

牛タン焼肉弁当の日

牛タン焼肉弁当の写真

煮込みハンバーグでは満足できずつい、高めの牛タン焼肉弁当をフードデリバリーで注文した、そんな自宅療養のある日です。

 

celery.hatenablog.com

 

 

牛肉美味しいです。

本当に助かりました笑

パワフルになれます。

 

牛肉ならなんでも良かったですが、せっかくなのでちゃんと美味しそうなものを頼みました。

といいつつも意外とこれがリーズナブルで、中々良かったです。値段の割にとても美味しかったです。

 

肉の味をしっかり味わいました。

量もかなりあって大満足です。

むしろ一回の食事では食べ切れませんでした。

確実に療養生活で胃袋が縮んでいます。

 

胃袋が縮んだおかげで今後は食べる量が以前より少なく済むかもしれません。

食費が少し安上がりになるのでラッキーですね笑

 

 

ちなみにコロナの症状に味覚異常がありますね。

私はどうだったかのかと言いますと、一応その症状はありました。

 

私の場合、しょっぱさが極端になるパターンでした。

普段はそんなにしょっぱくないものでも派手にしょっぱく感じます。

なので塩っけのある既製品を食べるはかなり厳しかったです。

一度カップ焼きそばを食べてみたのですが、しょっぱすぎて食べ切れませんでした。

たらこを食べてみたらこれもしょっぱすぎて無理でした笑

ご飯で薄めるとかいう次元じゃないです笑

たらこの味よりしょっぱさが勝つので、ご飯で薄めようにも、たらこの味を味わうことはできません笑

 

この味覚異常になっていたので、コロナになってから3,4日目あたりの話でした。

その後はゆるやかに元に戻っています。

このお肉を食べた頃も、少ししょっぱく感じましたが、美味しさを阻害するほどではありませんでした。

 

尚コロナになってから1,2日は甘いものしか食べていないので、この味覚の変化には気付いていません。

 

 

ずっとこのまま、味覚異常だったらどうしようかと、塩分要らずの生活になってスーパーヘルシー人間になってしまうのではないか、食事がつまらなくなってしまわないかと不安でしたが、元に戻って良かったです。

 

 

美味しかったです。

 


スポンサーリンク

プライバシーポリシー