Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

Celery's Meal Diary 〜セロリの食事日記〜

私の過去の食事と思ったことを残していきます

MENU

アクアパッツァの日

おうちごはんの写真

アクアパッツァ

サフランチーズリゾット

コールスローサラダ

 

YouTubeで割と有名なアクアパッツァの動画を観て作りたくなりました。プロのシェフが家庭でもマネできるように教えてくれる系のチャンネルはホントにありがたいです。

素材や道具、火力や絶妙な調整まではマネできないにしても、美味しく再現できます。

またプロが物凄く細かく丁寧でマネできないようなことまで教えてくれるのも勉強になるのでありがたいですね。マネできるところだけ、拘りたいところだけ参考にしてます。

 

このアクアパッツァはマダイでもチダイでもなく謎の赤魚を使っています。

青魚などでも行けるみたいです。

赤とか青とかの話は長くなるのでまた今度アクアパッツァ単体で投稿しようと思います。

 

一応今回私が行った作り方を残しておきます。

 

〜材料 全て適量〜

赤魚

あさり

プチトマト

エキストラヴァージンオリーブオイル

パセリ

 

〜作り方〜

赤魚とあさりは業務スーパーの冷凍品なので解凍する。

プチトマトをセミドライにするため半分にカットして塩を振ってオーブンで120℃90分で加熱する。

今回赤魚の解凍が間に合わなかったのでここでレンチンで解凍しています。加熱しすぎてしまって少し身が崩れてしまったので気をつけましょう笑

赤魚の両面に十字の切れ込みを入れ、塩を振る。

フライパンに油をひいて温め、両面焼き色が着くまで赤魚を焼く。

丸まってしまうことがあるのでフライ返しなどで押さえつけると良いです。

水を入れて強火で煮立たせる。

水は干上がらないよう適宜追加します。

あさりを入れる。

業務スーパーの冷凍あさりは火が通っていたので、いつ入れてもいいです。

適当に煮込んだらセミドライトマトとオリーブオイルを入れる。

煮立たせながら、汁を混ぜて乳化させる。

パセリをかけて完成。

 

魚と貝の旨味が凄く感じられてとても美味しかったです。

見た目もいいですね。

あとセミドライトマトが本当に美味しいのでセミドライにした方が絶対に良いです。

酸味がなく旨味と甘味が押し寄せてきます。

たくさん作ったら冷凍か瓶にオリーブオイルで漬け込めば大丈夫らしいです。私は全部使いました笑

 

 

サフランチーズリゾットは名前がカオスですね笑

パエリアやリゾットの経験を活かして適当に作りました。

こちらも作り方を残しておきます。

 

〜材料〜

米 3合

サフラン 1.5つまみ程

水 適量

白ワイン 適量

塩胡椒 適量

シーフードミックス 適量

チーズ 適量

 

〜作り方〜

米は洗わずに鍋に入れ、サフランと、浸かるくらいの水を入れて30分ほど放置。

弱火〜中火で時々混ぜつつ蓋をして放置。

水がなくなってくるので焦げる前に都度水を追加。

味見できるくらい柔らかくなってきたら白ワイン、塩胡椒、シーフードミックスを入れ、アルコールを飛ばす。

味見をして調整する。

あとは好みの柔らかさになるまで水の追加、混ぜる、放置を繰り返す。

最後に火を止めてチーズを適量入れて混ぜて完成。

 

焦がしてしまうことにさえ気をつければ簡単です。

炊飯器でサフランライスを作ってチーズを混ぜるのもいいかも知れませんが、好みの柔らかさにするには結局鍋でやった方が良いです。

 

サフランやシーフードの風味とチーズのまろやかさが美味しいです。白ワインの風味は殆どどこかへ飛びました笑

前にリゾットを作ったときに序盤にしっかり目に入れたら酒臭くなったので遠慮したためですね。酒の主張が強い方が困るので、控えめでいいと思います。

 

コールスローは久々にキャベツです。

まだキャベツは高い時期でしたが、別件で使いたくて買ってました。

個人的には白菜の方が水々しくて好きかもしれません笑

 

美味しかったです。

 


スポンサーリンク

プライバシーポリシー